細かな雨が紫陽花を濡らす日、津川倫子の広告会社の面接に訪れた天野深雪。
必死にひとりで生きようとする深雪の眼に、倫子はかつての自分を見る…