「いかないでママン…!」超能力を持つ少年・拓人の脳裡に繰り返し響く叫び声。
その声の主は、村人たちから魔女−ラプンツェル−と恐れられ
古城の塔に幽閉されている真紅の瞳の少女・ディアーヌだった。