母の「仕事」は脚本家・神宮寺真利子の胸を冷たく凍てつかせた。
ある日街で拾った美しい少年・周の存在が真利子の心を溶かしはじめるが
彼は進行性の難病に侵されていて…